【学芸大学駅2分】中目黒/学芸大学にあるワイン・ウイスキー、やきとりが楽しめる大人のバー「とり悦」

とり悦

ホーム>ブログ一覧>サントリー「白州12年」「響17年」販売休止【学芸大学•焼鳥屋とり悦のブログ】

サントリー「白州12年」「響17年」販売休止【学芸大学•焼鳥屋とり悦のブログ】

少し前の話にはなってしまいますが販売休止が決まりましたね。









以下、ニュースより引用




サントリーホールディングス(HD)傘下のサントリースピリッツは、国産ウイスキーの主力商品「白州12年」と「響17年」を6月以降に販売休止することを明らかにしました。





サントリーHD広報部によると販売休止の理由は、国内でウイスキー人気が高まったのに伴い、両商品の需要が想定を超えて拡大してしまったため。「白州12年」は最低12年以上、「響17年」は最低17年以上寝かせた原酒を使用する商品ですが、当時見込んでいた生産数量と実際の需要が見合わなくなり、熟成させた原酒が不足して製造が困難になってしまったといいます。





販売休止は在庫がなくなり次第で、「白州12年」は6月頃から、「響17年」は9月頃からになる見通し。再開時期は現時点では未定です。「白州18年」「響21年」など同じブランド内でより熟成した原酒を使った商品、「角瓶」「ジムビーム」など他のウイスキー商品については販売休止の予定はありません。サントリースピリッツではウイスキーの需要が今後も増えていくと予想しており、原酒を熟成する樽の貯蔵能力を拡大するなど設備投資していく予定です。




以上






もともと国産ウイスキー(特に山崎、白州、響などサントリー商品)が

ここ何年かネットオークションなどでは破格で取引されています。

このニュースが報道されてからさらに値が上がってしまいとんでもないことになっております。(笑)

 










定価の3〜4倍。

18年物の定価より高いですね、これ。





ということは18年物もとんでもないことになっているの??

って思いますよね。




特に僕なんかは白州18年がウイスキーで一番美味しいかも?

とか思っちゃってる人なんで(笑)










オークションの締め切り日が同じくらいの物を比較してみました。

5000円くらいしか変わらないんです。

まあ、あと一日で色々て変化はあると思いますが…




全然安くはないのですが少しお得に感じてしまいますよね(笑)

 






僕たち飲食店の人間ですら中々手に入らない状態です。

こんな値段で仕入れても店でいくらで出すの?って話ですよ。

 





でも、安心してください。

とり悦では今までと変わらない価格でお出しします!!

※在庫がある限り



詳しくはメニューページをご覧ください

 

メニュー





むしろ、氷屋の氷、うすはりグラスを使いプロが作る一杯。

これがネットオークションなどの価格より安く飲める。

そして、天草大王の焼鳥を食べながら。

これ最高ですよね。





 

そうです!!!!!!!!!!

なにが言いたいかというと!!!!!!!!!

 




みなさま、とり悦でお待ちしております(笑)

 






店名—とり悦 wine&whisky

営業時間—17:00~24:00

住所—東京都目黒区鷹番2-20-19 W.学芸大学1B

TEL—03-6303-0600

席数—16席(カウンター8席、テーブル8席)

禁煙•喫煙—完全禁煙(お店の入口に喫煙スペース有)

HP—torietsu.com

instagram—とり悦インスタ

Facebook—とり悦Facebook